無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

カテゴリー別アーカイブ

2013/08/21

未発表詩篇〜療養日誌・千葉寺雑記(1937年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 
丘の上サあがって、丘の上サあがって、千葉の街サ見たば、千葉の街サ見たばヨ、〜(丘の上サあがって、丘の上サあがって)
 
星の降るよな夜でした 松の林のその中に、〜道修山夜曲
 
ゆうべゆうべ我が家恋しくおもゆなり 草葉ゆすりて木枯の吹く 〜(短歌五首)
 
私は十七で都会の中に出て来た。私は何も出来ないわけではなかった。〜泣くな心
 
雨が、降るぞえ、雨が、降る。今宵は、雨が、降るぞえ、な。〜雨が降るぞえ
 
 
 
 

その他の詩篇(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

淋しや淋し、わが心。なんの理由もなけれども 〜(淋しや淋し、わが心)

暮れゆく森は風を凪(な)ぎ、み空の中に沈みゆく。〜(暮れゆく森は風を凪ぎ)

《不気味な程の静寂…… どんな嵐を呼ぶのやら 〜(不気味な程の静寂…)

元気です―― 時は春、京都は桃色、〜(元気です――)

汽車ゴーと鳴って 息絶えるも…… でも食堂は明るくってね 〜冬の夜汽車で

鹿がいるということは 鹿がいないということではない ー(鹿がいるということは)

夏が来た。空を見てると、旅情が動く。〜(夏が来た)

よくはれたれど、風ざわめきて、〜(よくはれたれど)

グランドに無雑作につまれた材木 ――小猫と土橋が話をしていた 〜夏の昼

恋の世界で人間は みんな 〜(恋の世界で人間は)

何故親の消息がないんだ? 何故(一字不明)が笑わないんだ? 〜(何故親の消息がないんだ? )

いろいろととやこう云われ、夜はくだち、夜の明け方に明星をみた 〜(日記より)

恋しくば 訪ね来てみよ ほととぎす 〜俳 句

霞とうごき、月影に、とおくゆすれて、われらが愛はでごのみ、風にもつれて、〜(霞とうごき、月影に、とおくゆすれて)

かぎりなく、わたしはさびしく、このごろは、暮しております。手 紙

秋の日の吊瓶落としや悲しさや 戦い終わり、蒼然と 〜(秋の日の吊瓶落としや悲しさや)

降る雪は いつまで降るか 〜戯 歌

冨倉の尻を小さくし 冨倉より軽い下駄をはかせ 〜(冨倉の尻を小さくし)

開いて、いるのは、あれは、花かよ? 〜薔 薇

ゴムマリか、なさけない ゴムマリか、なさけない 〜ゴムマリの歌
 
 

未発表詩篇〜草稿詩篇(1937年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

美しい扉の親しさに 私が室で遊んでいる時、〜春と恋人

少女がいま校庭の隅に佇んだのは 其処は花畑があって菖蒲の花が咲いてるからです 〜少女と雨

とど、俺としたことが、笑い出さずにゃいられない。思えば小学校の頃からだ。〜夏と悲運

嘗(かつ)てはランプを、とぼしていたものなんです。今もう電燈(でんき)の、ない所は殆(ほとん)どない。〜(嘗てはランプを、とぼしていたものなんです)

秋の夜に、独りで湯に這入(はい)ることは、淋しいじゃないか。〜秋の夜に、湯に浸り
 

 

未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~36年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

ああわれは おぼれたるかな 物音は しずみゆきて 〜(ああわれは おぼれたるかな)

僕は知ってる煙が立つ 三原山には煙が立つ 〜小 唄

空は晴れてても、建物には蔭があるよ、春、早春は心なびかせ、早春散歩

形式整美のかの夢や 羅馬(ローマ)の夢はや地に落ちて、〜(形式整美のかの夢や)

風が吹く、冷たい風は 窓の硝子に蒸気を凍りつかせ 〜(風が吹く、冷たい風は)

此の年、三原山に、自殺する者多かりき。とにもかくにも春である、〜(とにもかくにも春である)

宵の銀座は花束捧げ、舞うて踊って踊って舞うて、〜(宵の銀座は花束捧げ)

夜が更けて、一つの虫の声がある。〜虫の声

僕は奴の欺瞞に腹を立てている 奴の馬鹿を奴より一層馬鹿者の前に匿すために、〜怨 恨

夏の朝よ、蝉よ、 砂に照りつける陽よ…… 〜怠 惰

蝉が鳴いている、蝉が鳴いている 蝉が鳴いているほかになんにもない! 〜蝉

なんの楽しみもないのみならず 悲しく懶い日は日毎続いた。〜夏

友達よ、僕が何処にいたか知っているか? 僕は島にいた、島の小さな漁村にいた。〜夏過けて、友よ、秋とはなりました

ふくらはぎを眺めながら 燃える血のことを思った。〜燃える血

温泉町のほの暗い町を、僕は歩いていた、ひどく俯いて。〜夏の記臆
 
しののめの、よるのうみにて 汽笛鳴る。〜童 謡

萎びたコスモスに、鹿革の手袋をはめ、それを、霊柩車に入れて、街道を往く。〜京浜街道にて

夏の午前よ、いちじくの葉よ、葉は、乾いている、ねむげな色をして 〜いちじくの葉

小川が青く光っているのは あれは、空の色を映しているからなんだそうだ。〜(小川が青く光っているのは)

かがやかしい朝よ、紫の、物々の影よ、〜朝

雀が鳴いている 朝日が照っている 〜朝

どうともなれだ 俺には何がどうでも構わない 〜玩具の賦

亡びてしまったのは 僕の心であったろうか 〜昏 睡

夜明けが来た。雀の声は生唾液(なまつばき)に似ていた。夜明け

雀の声が鳴きました 雨のあがった朝でした 〜朝

袖の振合い他生の縁 僕事、気違いには御座候えども 〜狂気の手紙

悲しみは、何処まででもつづく 蛮土の夜の、お祭りのように、その宵のように、〜咏嘆調

消えていったのは、あれはあやめの花じゃろか? 〜秋岸清凉居士

劃然とした石の稜 あばた面なる墓の石 〜月下の告白

さよなら、さよなら! いろいろお世話になりました 〜別 離

こんな悪達者な人にあっては 僕はどんな巻添えを食うかも知れない 〜悲しい歌

海は、お天気の日には、綺麗だ。〜(海は、お天気の日には)

お天気の日の海の沖では 子供が大勢遊んでいます 〜(お天気の日の海の沖では)

星は綺麗と、誰でも云うが、それは大概、ウソでしょう 〜野卑時代

何、あれはな、空に吊るした銀紙じゃよ こう、ボール紙を剪って、それに銀紙を張る、〜星とピエロ

ほのかにほのかに、ともっているのは これは一つの誘蛾燈、稲田の中に 〜誘蛾燈詠歌

なんにも書かなかったら みんな書いたことになった 〜(なんにも書かなかったら)

一本の藁は畦の枯草の間に挟って ひねもす陽を浴びぬくもっていた 〜(一本の藁は畦の枯草の間に挟って)

山に清水が流れるように その陽の照った山の上の 〜坊 や

僕には僕の狂気がある 僕の狂気は蒼ざめて硬くなる 〜僕が知る

おまえが花のように 淡鼠の絹の靴下穿いた花のように 〜(おまえが花のように)

それは実際あったことでしょうか それは実際あったことでしょうか 〜初恋集

木の下かげには幽霊がいる その幽霊は、生れたばかりの 〜月夜とポプラ

自然は、僕という貝に、花吹雪きを、激しく吹きつけた。〜僕と吹雪

僕はもう、何も欲しはしなかった。暇と、煙草とくらいは欲したかも知れない。〜不気味な悲鳴

ウー……と、警笛が鳴ります、ウウウー……と、皆さん、これは何かの前兆です、皆さん! 〜十二月(しわす)の幻想

夜の海より僕唾(つば)吐いた ポイ と音して唾とんでった 〜大島行葵丸にて

生きているのは喜びなのか 生きているのは悲みなのか 〜春の消息

ゆめに、うつつに、まぼろしに…… 見ゆるは、何ぞ、いつもいつも 〜吾子よ吾子

桑名の夜は暗かった 蛙がコロコロ鳴いていた 〜桑名の駅

龍巻の頸は、殊にはその後頭は 老廃血(ふるち)でいっぱい 〜龍 巻

いとしい者の上に風が吹き 私の上にも風が吹いた 〜山上のひととき

山に登って風に吹かれた 心は寒く冷たくあった 〜四行詩

秋が来た。また公園の竝木路は、〜(秋が来た)

或る日君は僕を見て嗤うだろう、あんまり蒼い顔しているとて、〜雲った秋

松吹く風よ、寒い夜の われや憂き世にながらえて 〜夜半の嵐

山の上には雲が流れていた あの山の上で、お弁当を食ったこともある…… 〜雲

砂漠の中に、火が見えた! 〜砂 漠

その夜は雨が、泣くように降っていました。瓦はバリバリ、煎餅かなんぞのように、〜一夜分の歴史

しののめの、よるのうみにて 汽笛鳴る。〜小唄二編

(人と話が合うも合わぬも 所詮は血液型の問題ですよ)?… 〜断 片

雨を含んだ暗い空の中に 大きいポプラは聳(そそ)り立ち、〜暗い公園
 
夏の夜の、博覧会は、哀しからずや 雨ちょと降りて、やがてもあがりぬ 〜夏の夜の博覧会はかなしからずや
 

 

未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

僕の夢は破れて、其処に血を流した。あとにはキラキラ、星が光っていた。〜(僕の夢は破れて、其処に血を流した)

土を見るがいい、土は水を含んで黒く 〜(土を見るがいい)

卓子に、俯いてする夢想にも倦きると、僕は窓を開けて僕はみるのだ 〜(卓子に、俯いてする夢想にも倦きると)

河の水は濁って 夕陽を映して錆色をしている。〜小 景

郊外では、夜は沼のように見える野原の中に、〜蛙 声

蛙等は月を見ない 恐らく月の存在を知らない 〜(蛙等は月を見ない)

蛙等が、どんなに鳴こうと 月が、どんなに空の遊泳術に秀でていようと、〜(蛙等が、どんなに鳴こうと)

蛙が鳴くことも、月が空を泳ぐことも、〜Qu'est-ce que c'est?

この水は、いずれに行くや夏の日の、山は繁(しげ)れり、しずもりかえる 〜孟夏谿行
 
 

未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

秋の日は、干物の匂いがするよ 外苑の舗道しろじろ、うちつづき、〜干 物
 
いちじくの、葉が夕空にくろぐろと、風に吹かれて 〜いちじくの葉
 
醉客の、さわがしさのなか、ギタアルのレコード鳴って、〜カフェーにて
 
休みなされ、台所や便所の掃除こそ大事だなぞという教訓を、〜(休みなされ)
 
私の胃袋は、金の叫びを揚げた。水筒の中にはもはや、一滴の水もなかった。〜砂漠の渇き
 
そのうすいくちびると、そのほそい声とは 食べるによろしい。〜(そのうすいくちびると)
 
孤児の肌に唾吐きかけて、あとで泣いたるわたくしは 〜(孤児の肌に唾吐きかけて)
 
風のたよりに、沖のこと 聞けば 今夜は、可なり漁れそう、ゆっくり今頃夕飯食べてる。〜(風のたよりに、沖のこと 聞けば)
 
私のなかで舞ってるものは、こおろぎでもない、〜Qu'est-ce que c'est que moi?
 
抑制と、突発の間をいったりきたり、彼は人にも自分にも甘えているのです。〜さまざまな人
 
夜の空は、広大であった。その下に一軒の酒場があった。夜空と酒場
 
アセチリンをともして、低い台の上に商品を並べていた、〜夜 店
 
私の心の、『過去』の画面の、右の端には、女の額の、大きい額のプロフィルがみえ、〜悲しき画面
 
雨の音のはげしきことよ 風吹けば ひとしおまさり 〜雨と風
 
雨の音のはげしきことよ 風吹けばひとしおまさり 〜風 雨
 
吹く風を心の友と 口笛に心まぎらわし 〜(吹く風を心の友と)
 
秋の夜に、僕は僕が破裂する夢を見て目が醒めた。〜(秋の夜に)
 
支那というのは、吊鐘の中に這入っている蛇のようなもの。日本というのは、竹馬に乗った漢文句調、〜(支那というのは、吊鐘の中に這入っている蛇のようなもの)
 
われ等のジェネレーションには仕事がない。急に隠居が流行らなくなったことも原因であろう。〜(われ等のジェネレーションには仕事がない)
 
月はおぼろにかすむ夜に、杉は、梢を 伸べていた。〜(月はおぼろにかすむ夜に)
 
ポロリ、ポロリと死んでゆく。みんな別れてしまうのだ。〜(ポロリ、ポロリと死んでゆく)
 
疲れやつれた美しい顔よ、私はおまえを愛す。〜(疲れやつれた美しい顔よ)
 
生きのこるものはずうずうしく、死にゆくものはその清純さを漂わせ、〜死別の翌日
 
その夜私は、コンテで以て自我像を画いた 風の吹いてるお会式の夜でした 〜コキューの憶い出
 
傍若無人な、そなたの美しい振舞いを、その手を、まるで男の方を見ない眼を、〜細 心
 
なあに、小児病者の言うことですよ、そんなに美しいあなたさえ 〜マルレネ・ディートリッヒ
 
私の部屋の、窓越しに みえるのは、エヤ・サイン 〜秋の日曜
 
ナイヤガラの上には、月が出て、雲も だいぶん集っていた。〜(ナイヤガラの上には、月が出て)
 
汽笛が鳴ったので、僕は発車だと思った。〜(汽笛が鳴ったので)
 
七銭でバットを買って、一銭でマッチを買って、――ウレシイネ、〜(七銭でバットを買って)
 
それは一時の気の迷い、あきらめなされというけれど、〜(それは一時の気の迷い)
 
僕達の記臆力は鈍いから、僕達は、その人の鬚(ひげ)くらいしか覚えておらぬ 〜(僕達の記臆力は鈍いから)
 
南無 ダダ 足駄なく、傘なく 〜(南無 ダダ)
 
頭を、ボーズにしてやろう 囚人刈りにしてやろう 〜(頭を、ボーズにしてやろう)
 
自然というものは、つまらなくはない、歯医者の女房なぞというのが、つまらないのだ。〜(自然というものは、つまらなくはない)
 
月の光は音もなし、虫の鳴いてる草の上 〜(月の光は音もなし)
 
他愛もない僕の歌が 何かの役には立つでしょうか? 〜(他愛もない僕の歌が)
 
カワイラチイネ、おまえさんの鼻は、人間の鼻の模型だよ、〜嬰 児
 
宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて 汽車の汽笛の音を聞いた。〜(宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて)
 
今晩ああして元気に語り合っている人々も、実は元気ではないのです。〜酒場にて(初稿)
 
今晩ああして元気に語り合っている人々も、実は、元気ではないのです。〜酒場にて(定稿)
 
みまかりし、吾子はもけだし、今頃は 何をか求め、歩くらん?…… 〜こぞの雪今いずこ
 
私のなかで舞ってるものは、こおろぎでもない、〜Qu'est-ce que c'est que moi?

 
 

2013/08/19

未発表詩篇〜草稿詩篇(1931年~32年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

むかし、おまえは黒猫だった。いまやおまえは三毛猫だ、〜 三毛猫の主の歌える
 
疲れやつれた美しい顔よ、私はおまえを愛す。〜疲れやつれた美しい顔

生きのこるものはずうずうしく、死にゆくものはその清純さを漂わせ 〜死別の翌日  
私の心の、『過去』の画面の、右の端には、女の額の、大きい額のプロフィルがみえ、〜Tableau Triste
 
こころまこともあらざりき 不実というにもあらざりき 〜青木三造
 
立っているのは、材木ですじゃろ、野中の、野中の、製材所の脇。〜材 木
 
それは冷たい。石のようだ 過去を抱いている。〜脱毛の秋 Etudes
 
何時かまた郵便屋は来るでしょう。街の蔭った、秋の日でしょう、〜幻 想
 
たったこの間まで、四時には明るくなったのが 五時になってもまだ暗い、秋来る頃の 〜秋になる朝
 
十月の十二日、池上の本門寺、東京はその夜、電車の終夜運転、〜お会式の夜
 
君知るや、廃墟の木魂…… 低空に、砂埃して 〜蒼ざめし我の心に
 
辛いこった辛いこった! なまなか伝説的存在にされて 〜(辛いこった辛いこった!)
 
暁は、紫の色、明け初めて 〜修羅街挽歌 其の二
 
 

未発表詩篇〜草稿詩篇(1925年~28年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

多産婦よ 炭倉の地ベタの隅に詰め込まれろ! 〜退屈の中の肉親的恐怖
 
最早、あらゆるものが目を覚ました、黎明は来た。私の心の中に住む幾多のフェアリー達は、〜或る心の一季節
 
ああ、秋が来た 眼に琺瑯の涙沁む。〜秋の愁嘆
 
千の華燈よりとおくはなれ、笑める巷よりとおくはなれ、〜かの女
 
母は父を送り出すと、部屋に帰って来て溜息をした。彼の女の溜息にはピンクの竹紙。〜少年時
 
外燈に誘出された長い板塀、人々は影を連れて歩く。〜夜寒の都会
 
われ星に甘え、われ太陽に傲岸ならん時、人々自らを死物と観念してあらんことを! 〜地極の天使
 
疲れた魂と心の上に、訪れる夜が良夜であった‥‥‥ 〜無 題
 
私は出て来た、街に灯がともって 〜浮 浪
 
昨日は喜び、今日は死に、明日は戦い?…… 〜春の雨
 
屠殺所に、死んでゆく牛はモーと啼いた。〜屠殺所
 
暗い空に鉄橋が架かって、男や女がその上を通る。〜夏の夜
 
かつて私は一切の「立脚点」だった。かつて私は一切の解釈だった。〜処女詩集序
 
私の心よ怒るなよ、ほんとに燃えるは独りでだ、〜詩人の嘆き
 
面白がらせと怠惰のために、こんなになったのでございます。今では何にも分りません。〜聖浄白眼
 
私を愛する七十過ぎのお婆さんが、暗い部屋で、坐って私を迎えた。〜冬の日
 
・・・・・・・・・・ 在りし日よ、幼なかりし日よ! 〜幼なかりし日
 
いとけない顔のうえに、降りはじめの雨が、ぽたっと落ちた…… 〜間奏曲
 
夜霧が深く 冬が来るとみえる。〜秋の夜

 
 

未発表詩篇〜ノート小年時(1928年~1930年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 
 
女よ、美しいものよ、私の許にやっておいでよ。笑いでもせよ、〜女 よ
 
こんなに酷く後悔する自分を、それでも人は、苛めなければならないのか? 〜幼年囚の歌 
 
きらびやかでもないけれど、この一本の手綱をはなさず 〜寒い夜の自我像
 
ああ、神よ、罪とは冷酷のことでございました。泣きわめいている心のそばで、〜冷酷の歌
 
雪が降っている、とおくを。〜雪が降っている……
 
面白半分や、企略で、世の中は瀬戸物の音をたてては喜ぶ。〜身過ぎ
 
倦怠の谷間に落つる この真っ白い光は、〜倦 怠
 
夏は青い空に、白い雲を浮ばせ、わが嘆きをうたう。〜夏は青い空に……
 
神社の鳥居が光をうけて 楡(にれ)の葉が小さく揺すれる。〜木 蔭
 
耀く浪の美しさ 空は静かに慈しむ、〜夏の海
 
出で発たん!夏の夜は 霧と野と星とに向って。〜頌 歌
 
暗き空へと消えゆきぬ わが若き日を燃えし希望は。〜消えし希望
 
あなたは私を愛し、私はあなたを愛した。〜追 懐
 
血を吐くような 倦うさ、たゆたさ 今日の日も畑に陽は照り、〜夏
 
真ッ白い嘆かいのうちに、海を見たり。鴎を見たり。〜夏と私
 
ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けましょう。〜湖 上

 
  

2013/08/18

未発表詩篇〜ノート1924(1924年〜1928年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 
 
田の中にテニスコートがありますかい? 春風です 〜春の日の怒
 
正直過ぎては不可(いけ)ません 親切過ぎては不可ません 〜恋の後悔
 
自分の感情に自分で作用される奴は なんとまあ 伽藍なんだ 〜不可入性
 
天才が一度恋をすると 思惟(しい)の対象がみんな恋人になります。〜(天才が一度恋をすると)
 
風船玉の衝突 立て膝(ひざ)立て膝 スナアソビ 〜(風船玉の衝突)
 
親の手紙が泡吹いた 恋は空みた肩揺(ゆ)った 〜自 滅
 
あなたが生れたその日に ぼくはまだ生れていなかった 〜(あなたが生れたその日に)
 
俺は、俺の脚だけはなして 脚だけ歩くのをみていよう― 〜倦怠に握られた男
 
タタミの目 時計の音 一切が地に落ちた 〜倦怠者の持つ意志
 
最も弱いものは 弱いもの― 最も強いものは 強いもの― 〜初 恋
 
恋を知らない 街上の 笑い者なる爺(じい)やんは 〜想像力の悲歌
 
認識以前に書かれた詩―― 沙漠のただ中で 〜古代土器の印象
 
扇子と香水―― 君、新聞紙を絹風呂敷には包みましたか 〜初 夏
 
何故(なぜ)取れない! 何故取れない! 〜情 慾
 
筆が折れる それ程足りた心があるか 〜迷っています
 
塗板(トタン)がセンベイ食べて 春の日の夕暮は静かです 〜春の夕暮
 
幼き恋は 燐寸(マッチ)の軸木〜幼き恋の回顧
 
トランプの占いで 日が暮れました― 〜(題を附けるのが無理です)
 
何と物酷(ものすご)いのです 此の夜の海は 〜(何と物酷いのです)
 
テンピにかけて焼いたろか あんなヘナチョコ詩人の詩 〜(テンピにかけて)
 
仮定はないぞよ! 先天的観念もないぞよ! 〜(仮定はないぞよ!)
 
酒は誰でも酔わす だがどんな傑(すぐ)れた詩も 〜(酒は誰でも酔わす)
 
名詞の扱いに ロジックを忘れた象徴さ 俺の詩は 〜(名詞の扱いに)
 
酒 梅 原因が分りません 〜(酒)
 
最も純粋に意地悪い奴。私は悲劇をみて泣いたことはない 〜(最も純粋に意地悪い奴)
 
バルザック バルザック 腹の皮が収縮する 〜(バルザック)
 
ダック ドック ダクン チェン ダン デン 〜(ダック ドック ダクン)
 
古る摺(ず)れた 外国の絵端書―― 〜(古る摺れた)
 
結果から結果を作る 翻訳の悲哀―― 〜一 度
 
ツッケンドンに 女は言いっぱなして出て行った 〜(ツッケンドンに)
 
女 吹取紙(すいとりがみ)を早くかせ 〜(女)
 
頁 頁 頁 歴史と習慣と社会意識 〜(頁 頁 頁)
 
ダダイストが大砲だのに 女が電柱にもたれて泣いていました 〜(ダダイストが大砲だのに)
 
概念が明白となれば それの所産は観念でした 〜(概念が明白となれば)
 
成程(なるほど)共に発見することが楽しみなのか 〜(成 程)
 
過程に興味が存するばかりです それで不可ないと言いますか 〜(過程に興味が存するばかりです) 
 
58号の電車で女郎買に行った男が 梅毒になった 〜(58号の電車で女郎買に行った男が)
 
汽車が聞える 蓮華(れんげ)の上を渡ってだろうか 〜(汽車が聞える)
 
不随意筋(ふずいいきん)のケンカ ハイフェンの多い生活 〜(不随意筋のケンカ)
 
夕刊売 来てみれば此処も人の世 〜旅
 
土橋の上で胸打った 胯の下から右手みた 〜呪 詛
 
化石にみえる 錯覚と網膜との衝突 〜真夏昼思索
 
人々は空を仰いだ 塀が長く続いてたために 〜(人々は空を仰いだ)
 
新聞紙の焦げる匂い 黒い雪と火事の半鐘― 〜冬と孤独と
 
暗い山合、簡単なことです、〜浮浪歌
 
まずいビフテキ 寒い夜 〜涙 語
 
ああ雲はさかしらに笑い さかしらに笑い 〜無 題
 
秋の日を歩み疲れて 橋上を通りかかれば 〜(秋の日を歩み疲れて) 
 
かつては私も 何にも後悔したことはなかった 〜(かつては私も)
 
秋の日は 白き物音 むきだせる 舗石(ほせき)の上に 〜秋の日
 
緋(ひ)のいろに心はなごみ 蠣殻(かきがら)の疲れ休まる 〜無 題
 
 

その他のカテゴリー

001 INDEX 「むなしさ」からはじまった「在りし日の歌」 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ 「白痴群」前後 きらきら「初期詩篇」の世界 その他の詩篇 はるかなる空/「みちこ」 カテゴリー別アーカイブ ギロギロする目「小年時」 コラム トップページ ラフォルグ ランボー ランボー〜ノート翻訳詩 ランボー〜翻訳草稿詩篇 ランボー〜翻訳詩ファイル ランボー詩集《学校時代の詩》 ランボー詩集〜初期詩編 ランボー詩集〜追加篇 ランボー詩集〜附録 ランボー詩集〜飾画篇 中原中也が訳したランボー 中原中也が訳したランボーの手紙 中原中也について 中原中也に出会った詩人たち 中原中也のオノマトペ 中原中也の手紙から 中原中也の草々花々 中原中也の詩に出てくる「人名・地名」 中原中也の詩に現われる色の色々 中原中也・翻訳のすべて 中原中也以外の恋愛詩まとめ 冬の時代へ/「羊の歌」 合地舜介コラム 夜更の雨/ベルレーヌへの途上で 未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年) 未発表詩篇〜ノート1924(1924年〜1928年) 未発表詩篇〜ノート少年時(1928年〜1930年) 未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年) 未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年) 未発表詩篇〜療養日記・千葉寺雑記 未発表詩篇〜草稿詩篇(1925年~1928年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1931年~1932年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~1936年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1937年) 末黒野 死んだ僕を僕が見ている/「秋」 生きているうちに読んでおきたい中原中也の名作たち 生前発表詩篇〜初期短歌 生前発表詩篇〜詩篇 短くて心に残る詩 詩集「在りし日の歌」〜在りし日の歌 詩集「在りし日の歌」〜永訣の秋 詩集「山羊の歌」〜みちこ 詩集「山羊の歌」〜初期詩篇 詩集「山羊の歌」〜少年時 詩集「山羊の歌」〜秋 詩集「山羊の歌」〜羊の歌 資料 面白い!中也の日本語 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩