無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

その他の詩篇

2013/08/10

ゴムマリの歌


ゴムマリか、なさけない
ゴムマリか、なさけない
ゴムマリは、キャラメル食べて
ゴムマリは、ギッタギダギダ

ゴムマリは、ころべどころべど
ゴムマリはゴムのマリなり
ゴムマリを待つは不運か
ゴムマリは、涙流すか

ゴムマリは、ころんでいって、
ゴムマリは、天寿に至る
ゴムマリは、天寿に至り
ゴムマリは天寿のマリよ
 
(Ⅰ 一九三二・一二・二七 Matin)

修羅街挽歌 其の二より抜粋

<スポンサーリンク>

2013/08/08

薔 薇

 
開いて、いるのは、
あれは、花かよ?
何の、花かよ?
薔薇(ばら)の、花じゃろ。

しんなり、開いて、
こちらを、むいてる。
蜂だとて、いぬ、
小暗い、小庭に。

ああ、さば、薔薇(そうび)よ、
物を、云ってよ、
物をし、云えば、
答えよう、もの。

答えたらさて、
もっと、開(さ)こうか?
答えても、なお、
ジット、そのまま?

        一九三四、一二

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)


<スポンサーリンク>

続きを読む "薔 薇" »

2013/08/02

「ノート翻訳詩」について

 
 
 「ノート翻訳詩」は、中原中也が使っていた「ノート小年時」と同種のノートで、表表紙に詩人の筆跡で「翻訳詩」と書かれてあるため、このノートの名を角川版編者がそう呼びならわしたものです。
 
 このノートには、ランボーやネルバルらの翻訳詩14篇のほかに、未発表詩篇8篇と「孟夏谿行」と題された短歌4首、および断片が記されましたが、翻訳詩14篇は「翻訳」に分類され、断片は「評論・小説」に分類されます。したがって「ノート翻訳詩」に収録されるのは、未発表詩篇8篇と短歌4首だけです。いずれも昭和8年の制作と推定され、「ノート翻訳詩(1933年)」と表記されます。ややこしい話ですが、「ノート翻訳詩(1933年)」には翻訳詩は収録されないのです。
 
 

<スポンサーリンク>

2012/04/14

(冨倉の尻を小さくし)

 
冨倉の尻を小さくし
冨倉より軽い下駄をはかせ
もっと色男にすると十一谷がホーフツする
それから、冨倉から所労なる言葉を吐く口付をやめさせるのだ
その意味で、倉のような苦労が十一谷にはない。
だから彼の小説も、冨倉が思う半分の苦労もいっていないのだけれどそれを冨倉御存知ない
大学生諸君に分らないさ、そんなことは
こんなことは言われて気付くだけさ
それは分ってることじゃない。
そんな所へも表現出来てないものはって言ってやったらみんな顔色はない

     *

自ら萎(しぼ)むことは
物体に対する観察眼を鈍らせるものだ、何時の間にやら彼は自分をせまくしてることを知らない。
おおおんみよ
人にうちのめされる人間は
或はもっと御身より幸福だ

     *

自ら間在的な性質に甘んじてる奴のやりざまは
威張って歩く奴よりは悪い
 

<スポンサーリンク>

2012/04/13

戯 歌

 
降る雪は
 いつまで降るか
 

<スポンサーリンク>

(秋の日の吊瓶落としや悲しさや)

 
秋の日の吊瓶落としや悲しさや
戦い終わり、蒼然と
人々起てば、新聞紙
・・・・・・・・・
 

<スポンサーリンク>

手 紙

 
かぎりなく、わたしはさびしく、このごろは、暮しております。
年々のこと、このころになれば、さびしいのですが、
いいえ、もともと、さびしい女なのですが、
今年(こんねん)のさびしさは、また格別でございます。

お聞きあそばせ、わたくしことは、
・・・・・・・・・・・・・・・
 

<スポンサーリンク>

(霞とうごき、月影に、とおくゆすれて)

 
      3
 
霞とうごき、月影に、とおくゆすれて、
われらが愛はでごのみ、風にもつれて、
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

<スポンサーリンク>

俳 句

 
恋しくば 訪ね来てみよ ほととぎす

        (一九三五・五・二四)

コンスタンのアドルフ読みぬ秋の暮

        (一九三六・一〇・一一)

えらそうな看手が女房のひがごころ。

鉛筆が一本あれば歳が明け。

        (一九三七・四・二九)
 

<スポンサーリンク>

(日記より)

 
いろいろととやこう云われ、夜はくだち、
夜の明け方に明星をみた

明星はかなしくかすみ暁風に
雲の彼方で吹かれ吹かれていた

その光うすれ風吹く夜明け方
天の御国に雲ははたたく

        (一九三四)

みの虫がかぜに吹かれておれりけり
  かくして秋は深まりけり

        (一九三六・一〇・一一)
 

<スポンサーリンク>

その他のカテゴリー

001 INDEX 「むなしさ」からはじまった「在りし日の歌」 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ 「白痴群」前後 きらきら「初期詩篇」の世界 その他の詩篇 はるかなる空/「みちこ」 カテゴリー別アーカイブ ギロギロする目「小年時」 コラム トップページ ラフォルグ ランボー ランボー〜ノート翻訳詩 ランボー〜翻訳草稿詩篇 ランボー〜翻訳詩ファイル ランボー詩集《学校時代の詩》 ランボー詩集〜初期詩編 ランボー詩集〜追加篇 ランボー詩集〜附録 ランボー詩集〜飾画篇 中原中也が訳したランボー 中原中也が訳したランボーの手紙 中原中也について 中原中也に出会った詩人たち 中原中也のオノマトペ 中原中也の手紙から 中原中也の草々花々 中原中也の詩に出てくる「人名・地名」 中原中也の詩に現われる色の色々 中原中也・翻訳のすべて 中原中也以外の恋愛詩まとめ 冬の時代へ/「羊の歌」 合地舜介コラム 夜更の雨/ベルレーヌへの途上で 未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年) 未発表詩篇〜ノート1924(1924年〜1928年) 未発表詩篇〜ノート少年時(1928年〜1930年) 未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年) 未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年) 未発表詩篇〜療養日記・千葉寺雑記 未発表詩篇〜草稿詩篇(1925年~1928年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1931年~1932年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~1936年) 未発表詩篇〜草稿詩篇(1937年) 末黒野 死んだ僕を僕が見ている/「秋」 生きているうちに読んでおきたい中原中也の名作たち 生前発表詩篇〜初期短歌 生前発表詩篇〜詩篇 短くて心に残る詩 詩集「在りし日の歌」〜在りし日の歌 詩集「在りし日の歌」〜永訣の秋 詩集「山羊の歌」〜みちこ 詩集「山羊の歌」〜初期詩篇 詩集「山羊の歌」〜少年時 詩集「山羊の歌」〜秋 詩集「山羊の歌」〜羊の歌 資料 面白い!中也の日本語 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩