無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 一〇〇五  〔暗い月あかりの雪のなかに〕 | トップページ | 紋白蝶(もんしろちょう)のうた »

2016/02/09

なめくじのうた

ー室生犀星ー

雨さえふれば

なめくじのさんぽです。

なにがたのしいのか

にんげんにもこわがらずに

へいきになめくじはあるいています。

よく見ていたら

なめくじは苔(こけ)をたべている、

苔はおいしいのか

雨さえふればなめくじのさんぽです。

なるべく日あたりのわるいところを

学者のような顔をしてさんぽです。

さんぽしながら本を読むのでしょうか。

 

(「動物詩集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 一〇〇五  〔暗い月あかりの雪のなかに〕 | トップページ | 紋白蝶(もんしろちょう)のうた »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事