ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 金魚のうた | トップページ | 卵 »

鯛(たい)のうた

ー室生犀星ー

鯛はむつかしい顔をしている。

にがりきっている。

すこし きびしいような顔です。

からだががっしりしていて、

尾もひれも

ぴんとしているからえらそうに見える。

お祝の日にさっそく出て来て、

いばりかえってお皿の上でねている。

鯛のかわりになるようなさかなはいない。

だから 昔から鯛は

そりかえって いばっている。

いまに 頭と尾とがひっついてしまうでしょう。

 

(「動物詩集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 金魚のうた | トップページ | 卵 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー