無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 鯛(たい)のうた | トップページ | ゆうがた »

2016/02/09

ー室生犀星ー

卵をじっと見ていると
お母さんがおもい出されてくる。
どこがお母さんと卵が似ているのか、

お母さんんが似ているのか、

卵が似ているのか
卵を手にとって見ると

まんまるくて懐かしく、

少しおもくて何やら悲しい、

なぜかといえば、

卵がお母さんにならないから。

きょうも

卵を見ていると

お母さんのどこかに似ている。

 

(小説「乙女抄」所蔵「東京詩集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 鯛(たい)のうた | トップページ | ゆうがた »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事