カテゴリー

« 学 校 | トップページ | 寂しき春 »

2016/02/10

上野ステエション

ー室生犀星ー

トップトップと汽車は出てゆく
汽車はつくつく
あかり点くころ

北国の雪をつもらせ

つかれて熱い息をつく汽車である

みやこやちまたに

遠い雪国の心をうつす

私はふみきりの橋の上から

ゆきの匂いをかいでいる

汽車のあかりもみえる橋の上

 

(「抒情小曲集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 学 校 | トップページ | 寂しき春 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事