カテゴリー

« 氷菓子(アイスクリイム) | トップページ | 景 色 »

2016/02/11

ー室生犀星ー

おれは鏡の中を歩いていた

おれは鏡を踏み破って歩いていた

おれは美女の瞳の中を歩いていた

おれは快活に歌いながら歩いていた

おれは気がつくと月の中を歩いていた

おれは燐(りん)の粉をくッつけて歩いていた

おれはそれほど月の底を歩いていた

月の底はどろどろだったり

鏡のように冴(さ)えていたりした

 

(「鉄集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 氷菓子(アイスクリイム) | トップページ | 景 色 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事