無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 鏡 | トップページ | 受話器のそばで »

2016/02/12

景 色

ー室生犀星ー

渓川(たにがわ)の水があまり美しいので

僕はそれに口をつけて飲んだ。

僕は顔をあげたときに、

まるで渓の景色が変って見えた。

 

(「鉄集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 鏡 | トップページ | 受話器のそばで »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事