無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« みな去る | トップページ | 過 失 »

2016/02/17

龍安寺石庭(りょうあんじせきてい)

ー室生犀星ー

おれは水の音に聞きとれていた

微(かす)かなあるかないかの

噎(むせ)ぶような水の音であった

おれは誰かがななめに廊下を

くろ髪を垂れて過ぎるのを見とれていた

艶(つや)のある真黒なひとみだった

 

おれは石の数をかぞえていた

石は七つくらいしかなかった

よく見ると三つくらいしかなかった

なお よく見ると

ただの一つあるきりであった

 

おれはしかし遂に無数の

石の群がりに遮(さえ)ぎられていた

石はみな怒り輝いていた

石はみな静まり返っていた

石はみな叫び立とうとしていた

ああ 石はみな天上に還(かえ)ろうとしていた

 

(「鉄集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« みな去る | トップページ | 過 失 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事