無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 冬の婦人 | トップページ | 税 関 »

2016/02/23

急行列車

ー室生犀星ー

汽車は急行なり

首も千断(ちぎ)るるの急行なり。

森は走り

家は走り

午後の光は走り

山は平らたくなり

河は鳴り

海は鳴り

海気みなぎり

月出づ。

世界は湧きかえり

世界は戦いのさなかなり。

林と林ともつれ逢い

青田の上に娘は流る。

電線は流れ

われはきちがいになり、

村村の灯はちらちら流れ

星はながれ

われは田舎へ流る、

こいしくなり

はるばるおんまえさまを求め。

 

(「鳥雀集」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 冬の婦人 | トップページ | 税 関 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事