カテゴリー

« 税 関 | トップページ | 手 紙 »

2016/02/24

ー室生犀星ー

魚をあぶり

菜(な)をきざみてもてなせる人ら

おのが疲れを知らず

酬(むく)いられるべきことを知らず

ただ あがれあがれとは云えり

ものを食うべ

ひとのなさけの深きをしる

早春

故山(こざん)きびしき中にいてしる

 

(「いにしえ」より)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 税 関 | トップページ | 手 紙 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事