無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 山も河も | トップページ

2016/02/28

ひとりずつがべつにつくられ

ー室生犀星ー

おとことおんなのくべつの

何のかげんであんなのが生れたのだろう、

ひとりずつがべつべつにつくられ

べつの言葉とからだをもちながら

わずかな年月を隔(お)いてそして

また愉(たの)しく一しょになる、

誰のいたずらでもなく

命をかけてそれを守るということも

そのわかれめが美しいからだ、

そのわかれめを一生を通じて覗(のぞ)いて来たね、

べつべつにうまれたから会えたのだ。

 

(「女ごのための最後の詩集」より

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 山も河も | トップページ

短くて心に残る詩」カテゴリの記事