無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« やがて秋…… | トップページ | 秋 »

2015/09/02

秋日行語〔菊もうららに〕

ー萩原朔太郎ー

菊もうららに咲きいでたれど

我身は砂丘に寄りて悲しめり

さびしや海辺のおくつきに

路傍の草を手向くること

このわびしきたわむれに

ひとり樹木にすがりつき

たましいも消えよとむせびなく。

ああふるさとの永日に

少女子どものなつかしさ

たとしえもなきなつかしさ

やさしく指を眼にあてて

ももいろの秋の夕日をすかしみる

わが身の春は土にうもれて

空しく草木の根をひたせる涙。

ああかくてもこの故郷に育ちて

父母のめぐみ恋しやと歌うなり。

 

« やがて秋…… | トップページ | 秋 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事