無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« すえたる菊 | トップページ | 不思議 »

2015/09/23

げんげ

ー金子みすゞー

雲雀(ひばり)聴き聴き摘(つ)んでたら、

にぎり切れなくなりました。

 

持ってかえればしおれます、

しおれりゃ、だれかがすてましょう。

きのうのように、ごみ箱へ。

 

わたしはかえるみちみちで、

花のないとこみつけては、

はらり、はらりと、薪(ま)きました。

──春のつかいのするように。

 

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« すえたる菊 | トップページ | 不思議 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事