無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 秋の かなしみ | トップページ | 秋日行語〔菊もうららに〕 »

2015/09/02

やがて秋……

ー立原道造ー

やがて 秋が 来るだろう

夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ

樹木が老いた人たちの身ぶりのように

あらわなかげをくらく夜の方に投げ

 

すべてが不確かにゆらいでいる

かえってしずかなあさい吐息のように……

(昨日でないばかりに それは明日)と

僕らのおもいは ささやきかはすであろう

 

――秋が こうして かえって来た

そうして 秋がまた たたずむ と

ゆるしを乞う人のように……

 

やがて忘れなかったことのかたみに

しかし かたみなく 過ぎて行くであろう

秋は……そうして……ふたたびある夕ぐれに――

 

« 秋の かなしみ | トップページ | 秋日行語〔菊もうららに〕 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事