カテゴリー

« しあわせな一日は | トップページ | 田舎道にて »

2015/08/19

燈台の光を見つつ

ー伊東静雄ー

くらい海の上に 燈台の緑のひかりの

何というやさしさ

明滅しつつ 廻転しつつ

おれの夜を

ひと夜 彷徨(さまよ)う

 

そうしておまえは

おれの夜に

いろんな いろんな 意味をあたえる

嘆きや ねがいや の

いい知れぬ………

 

ああ 嘆きや ねがいや 何というやさしさ

 

なにもないのに

おれの夜を

ひと夜

燈台の緑のひかりが 彷徨(さまよ)う

 

« しあわせな一日は | トップページ | 田舎道にて »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事