無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 訪問者 | トップページ | 詠 唱 »

2015/08/20

若 死  N君に

ー伊東静雄ー

大川の面(おもて)にするどい皺(しわ)がよっている。

昨夜の氷は解けはじめた。

  アロイジオという名と終油(しょうゆ)とを授かって、

  かれは天國へ行ったのだそうだ。

 

大川に張っていた氷が解けはじめた。

鉄橋のうえを汽車が通る。

  さっきの郵便でかれの形見がとどいた、

  寝転んでおれは舞踏ということを考えていた時。

 

しん底冷え切った朱色の小匣(こばこ)の、

真珠の花の螺鈿(らでん)。

  若死をするほどの者は、

  自分のことだけしか考えないのだ。

 

おれはこの小匣を何処(どこ)に蔵(しま)ったものか。

気疎(けうと)いアロイジオになってしまって……。

  鉄橋の方を見ていると。

  のろのろとまた汽車がやって来た。

 

« 訪問者 | トップページ | 詠 唱 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事