ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 訪問者 | トップページ | 詠 唱 »

若 死  N君に

ー伊東静雄ー

大川の面(おもて)にするどい皺(しわ)がよっている。

昨夜の氷は解けはじめた。

  アロイジオという名と終油(しょうゆ)とを授かって、

  かれは天國へ行ったのだそうだ。

 

大川に張っていた氷が解けはじめた。

鉄橋のうえを汽車が通る。

  さっきの郵便でかれの形見がとどいた、

  寝転んでおれは舞踏ということを考えていた時。

 

しん底冷え切った朱色の小匣(こばこ)の、

真珠の花の螺鈿(らでん)。

  若死をするほどの者は、

  自分のことだけしか考えないのだ。

 

おれはこの小匣を何処(どこ)に蔵(しま)ったものか。

気疎(けうと)いアロイジオになってしまって……。

  鉄橋の方を見ていると。

  のろのろとまた汽車がやって来た。

 

« 訪問者 | トップページ | 詠 唱 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー