カテゴリー

« 燈台の光を見つつ | トップページ | 訪問者 »

2015/08/19

田舎道にて

ー伊東静雄ー

日光はいやに透明に

おれの行く田舎道のうえにふる

そして 自然がぐるりに

おれにてんで見覚えの無いのはなぜだろう

 

死んだ女(ひと)はあっちで

ずっとおれより賑やかなのだ

でないと おれの胸がこんなに

真鍮の龍のようなのはなぜだろう

 

其(そ)れで遊んだことのない

おれの玩具(おもちゃ)の単調な音がする

そして おれの冒険ののち

名前ない体験のなり止(や)まぬのはなぜだろう

 

« 燈台の光を見つつ | トップページ | 訪問者 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事