無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 田舎道にて | トップページ | 若 死  N君に »

2015/08/19

訪問者

ー伊東静雄ー

トマトを盛った盆のかげに

忘れられている扇

 

その少女は十九だと答えたっけ

はじめてひとに見せるのだという作詩を差出すとき

さっきからの緊張にすっかりうけ応(ごた)えはうわの空だった

もっと私が若かったら

きっとそれを少女の気随な不機嫌ととったろう

或(あるい)はもすこし年をとっていたなら

かの女の目のなかで懼(おそ)れと好奇心が争って

強いて冷淡に微笑しようと骨折るのを

耄碌(もうろく)した老詩人にむける憐れみの目色(めいろ)と邪推したろう

 

いま私は畳にうずくまり

客がおいていったノート・ブックをあける

鉛筆書きの沢山の詩

愛の空想の詩をそこによむ

やっと目覚めたばかりの愛が

まだ聢(しか)とした目あてを見つける以前に

はやはげしい喪失の身悶えから神を呼んでいる

そして自分で課した絶望で懸命に拒絶し防御している

ああ純潔な何か

 

出されたまま触れられなかったお茶に

もう小さい蛾が浮んでいる

生涯を詩に捧げたいと

少女は言ったっけ

この世での仕事の意味もまだ知らずに

 

« 田舎道にて | トップページ | 若 死  N君に »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事