ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« つばくろ | トップページ | やってくる男 »

海 へ

ー高祖保ー

海へ、一日。

しこたま夏の陽を仕入れて、日の暮れがたに還(かえ)ってみると、わたしの生地の肌がこう呟くのだ。「なんとよくもこれだけ掏(す)りかえられたものだ」と。

 

夜、絲爪棚(へちまだな)のかげで一風呂浴びる。

すると、どうだ。現像液に涵(ひた)した乾板のように、わたしの生地の部分が、みるみる泛(うか)びあがってきた。

 

ブラウンと白とで出来あがった、だんだらの斑う。この半白の「肉体写真」のうえで、一日の太陽の歩みを、――仮借(かしゃく)なく灼きつける、その炎の歌を、まざまざと読みとることができる。

 

夜は夜で、この太陽の火傷(やけど)が、わたしをひと晩眠らせない。

 

« つばくろ | トップページ | やってくる男 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー