カテゴリー

« カーテン | トップページ | 原爆詩集〜序 »

2015/07/01

東京駅

ー小熊秀雄ー

東京駅は

ウワバミの

燃える舌で

市民の

生活を呑吐(どんと)する

玄関口、

朝は遅刻を怖(おそ)れて

階段を一足(いっそく)とび

夕は

疲れて生気(せいき)なく

沈黙の省電に乗る

所詮(しょせん)、悪蛇(あくじゃ)の毒気(どくけ)に触れて

人々の

痲痺(まひ)は

不感症なり。

 

« カーテン | トップページ | 原爆詩集〜序 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事