無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« トスカニニのエロイカ | トップページ | 夏の嘆き »

2015/07/02

夏の弔い

ー立原道造ー

逝(ゆ)いた私の時たちが

私の心を金(きん)にした 傷つかぬよう傷は早く愎るようにと

昨日と明日との間には

ふかい紺青の溝がひかれて過ぎている

 

投げて捨てたのは

涙のしみの目立つ小さい紙のきれはしだった

泡立つ白い波のなかに 或る夕べ

何もがすべて消えてしまった! 筋書どおりに

 

それから 私は旅人になり いくつも過ぎた

月の光にてらされた岬々の村々を

暑い 涸いた野を

 

おぼえていたら! 私はもう一度かえりたい

どこか? あの場所へ(あの記憶がある

私が待ち それを しずかに諦めた――)

 

« トスカニニのエロイカ | トップページ | 夏の嘆き »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事