無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 夏の弔い | トップページ | 長いまつげのかげ »

2015/07/02

夏の嘆き

ー伊東静雄ー

われは叢(くさむら)に投げぬ、熱(あつ)き身とたゆき手足(てあし)を。

されど草いきれは

わが体温よりも自足(じそく)し、

わが脈搏(みゃくうち)は小川の歌を乱しぬ。

 

夕暮よさあれ中(なか)つ空に

はや風のすずしき流れをなしてありしかば、

鵲(かささぎ)の飛翔の道は

ゆるやかにその方角をさだめられたり。

 

ああ今朝(けさ)わが師は

かの山上に葡萄を食(しょく)しつつのたまいしか、

われ縦令(たとい)王者にえらばるるとも

格別不思議に思わざるべし、と。

 

« 夏の弔い | トップページ | 長いまつげのかげ »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事