カテゴリー

« 霜 夜 | トップページ | 七月は鉄砲百合 »

2015/07/09

初夏の日なか

ー草野天平ー

一すじの糸のように

海の見える

草やまの小径のところに

いちりんの薊は咲いていて

浅くしれぬように

風はかよっていた

 

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 霜 夜 | トップページ | 七月は鉄砲百合 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事