ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 初夏の日なか | トップページ | 屈折率 »

七月は鉄砲百合

ー三好達治ー

七月は鉄砲百合(てっぽうゆり)

烏揚羽(からすあげは)がゆらりと来て

遠い昔を思わせる

 

七月はまた立葵(たちあおい) 色とりどりの

また葡萄棚(ぶどうだな) 蔭(かげ)も明るい

彼方(かなた)の丘の松林 松の香りに蟬の鳴く

 

こんな明るい空のもと

昔の人はどこへいったか

忘れたふりはしているが

 

風だから声はやまぬか

来ただけはどこやらへゆく

その道の上 七月のまっ昼ま

 

まてしばし

烏揚羽がゆらりと来て

艶(えん)な喪服(もふく)をひるがえす

 

<作家別インデックスへ>


« 初夏の日なか | トップページ | 屈折率 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー