無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 七月は鉄砲百合 | トップページ | 世界中の王様 »

2015/07/15

屈折率

ー宮沢賢治ー

七つ森のこっちのひとつが

水の中よりもっと明るく

そしてたいへん巨きいのに

わたくしはでこぼこ凍ったみちをふみ

このでこぼこの雪をふみ

向うの縮れた亜鉛(あえん)の雲へ

陰気な郵便脚夫(きょくふ)のように

  (またアラッディン、洋燈(ランプ)とり)

急がなければならないのか

 

<作家別インデックスへ>


« 七月は鉄砲百合 | トップページ | 世界中の王様 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事