カテゴリー

« 唄 | トップページ | ある人は »

2015/07/17

それは雨の

ー立原道造ー

それは雨のはげしい夜だった

私たちは火鉢のそばでその物音に

もう話のなくなった耳を借していた

一つも聞き洩らすことのないように

 

雨が何を語ったか 私たちが何を語ったか

誰もがそれを忘れていた ふだんのように

長い長いしずかさだった

 

おそらく あの夜 空に消えた千の雨粒

私たちは光りながら死ぬのだろうと

誰が誰に小声で語ったのだろうか

 

<作家別インデックスへ>


« 唄 | トップページ | ある人は »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事