ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« ある人は | トップページ | 雷とひよっ子 »

失なわれた夜に

ー立原道造ー

灼(や)けた瞳が 灼けていた

青い眸(ひとみ)でも 茶色の瞳でも

なかった きらきらしては

僕の心を つきさした

 

泣かそうとでもいうように

しかし 泣かしはしなかった

きらきら 僕を撫(な)でていた

甘ったれた僕の心を嘗(な)めていた

 

灼けた瞳は 動かなかった

青い眸でも 茶色の瞳でも

あるかのように いつまでも

 

灼けた瞳は しずかであった!

太陽や香のいい草のことなど忘れてしまい

ただかなしげに きらきら きらきら 灼けていた

 

<作家別インデックスへ>


« ある人は | トップページ | 雷とひよっ子 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー