無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« ある人は | トップページ | 雷とひよっ子 »

2015/07/22

失なわれた夜に

ー立原道造ー

灼(や)けた瞳が 灼けていた

青い眸(ひとみ)でも 茶色の瞳でも

なかった きらきらしては

僕の心を つきさした

 

泣かそうとでもいうように

しかし 泣かしはしなかった

きらきら 僕を撫(な)でていた

甘ったれた僕の心を嘗(な)めていた

 

灼けた瞳は 動かなかった

青い眸でも 茶色の瞳でも

あるかのように いつまでも

 

灼けた瞳は しずかであった!

太陽や香のいい草のことなど忘れてしまい

ただかなしげに きらきら きらきら 灼けていた

 

<作家別インデックスへ>


« ある人は | トップページ | 雷とひよっ子 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事