無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 失なわれた夜に | トップページ | 恐ろしく憂鬱なる »

2015/07/23

雷とひよっ子

ー伊東静雄ー

あけがた野に雷鳴がとどろいた
野にちらばる家々はにぶく振動し
北から南へ
かと思うと東から西へ
冬を追いやる雷鳴が
繰返しあけがたの野にとどろいた
ただ童子だけが
その寝床に目ざめなんだ
朝それで童子が一番はやく起出した
鳥屋(とや)では丁度そのとき
十三匹のひよっ子が
卵から嘴(くちばし)を突きだすところだった
金いろのちっちゃな春が
チチチチと誕生していた
ただ童子のほかは
だあれもそれを見なんだ

 

<作家別インデックスへ>


« 失なわれた夜に | トップページ | 恐ろしく憂鬱なる »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事