ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 雷とひよっ子 | トップページ | ばあやのお話 »

恐ろしく憂鬱なる

ー萩原朔太郎ー

こんもりとした森の木立のなかで

いちめんに白い蝶類が飛んでいる

むらがる むらがりて飛びめぐる

てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ

みどりの葉のあつぼったい隙間から

ぴか ぴか ぴか ぴかと光る そのちいさな鋭どい翼(つばさ)

いっぱいに群がってとびめぐる てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ

ああ これはなんという憂鬱(ゆううつ)な幻だ

このおもたい手足 おもたい心臟

かぎりなくなやましい物質と物質との重なり

ああ これはなんという美しい病気だろう

つかれはてたる神経のなまめかしいたそがれどきに

私はみる ここに女たちの投げ出したおもたい手足を

つかれはてた股や乳房のなまめかしい重たさを

その鮮血のようなくちびるはここにかしこに

私の青ざめた屍体(したい)のくちびるに

額に 髮に 髮の毛に 股に 胯に 腋の下に 足くびに 足のうらに

みぎの腕にも ひだりの腕にも 腹のうえにも押しあいて息ぐるしく重なりあう

むらがりむらがる 物質と物質との淫猥(いんわい)なるかたまり

ここにかしこに追いみだれたる蝶のまっくろの集團(しゅうだん)

ああこの恐ろしい地上の陰影

このなまめかしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがってゆく憂鬱の日かげをみつめる

その私の心はばたばたと羽ばたきして

小鳥の死ぬるときの醜いすがたのようだ

ああこのたえがたく悩ましい性の感覚

あまりに恐ろしく憂鬱なる。

 

註。「てふ」「てふ」はチョーチョーと読むべからず。蝶の原音は「て・ふ」である。蝶の翼の空気をうつ感覚を音韻に寫(うつ)したものである。

 

<作家別インデックスへ>


« 雷とひよっ子 | トップページ | ばあやのお話 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー