無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 青いソフトに | トップページ | この闇(やみ)のなかで »

2015/07/07

雨の言葉

ー立原道造ー

わたしがすこし冷えているのは

糠雨(ぬかあめ)のなかにたったひとりで

歩きまわっていたせいだ

わたしの掌(て)は 額(ひたい)は 湿ったまま

いつかしらわたしは暗くなり

ここにこうして凭(もた)れていると

あかりのつくのが待たれます

 

そとはまだ音もないかすかな雨が

人のいない川の上に 屋根に

人の傘の上に 降りつづけ

あれはいつまでもさまよいつづけ

やがてけぶる霧(きり)にかわります……

 

知らなかったし望みもしなかった

一日のことをわたしに教えながら

静かさのことを 熱い昼間のことを

雨のかすかなつぶやきは こうして

不意にいろいろかわります

わたしはそれを聞きながら

いつかいつものように眠ります

 

« 青いソフトに | トップページ | この闇(やみ)のなかで »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事