無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 雨の言葉 | トップページ | 黄昏に FRAU R. KITA GEWIDMET »

2015/07/07

この闇(やみ)のなかで

ー立原道造ー

この闇のなかで 私に

うたえ と呼びかけるもの

この闇のなかで だれが

うたえ と呼びかけるのか

 

時はしずかだ 私らの

ちいさいささやきに耐えぬほど

時はみちている 私らの

ひとつの声で 溢れ出るほど

 

とおい涯のように闇が

私らを拒んでいる つめたく

身体は 彫像のようだ

 

しかし すでに この闇の底に

信じられない光が 信じられる

私らの声を それは 待っている!

 

« 雨の言葉 | トップページ | 黄昏に FRAU R. KITA GEWIDMET »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事