無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 脳髄のモーターのなかに | トップページ | 座蒲団 »

2015/07/01

岩清水

ー萩原朔太郎ー

いろ青ざめて谷間をはしり、

夕ぐれかけてただひとり、

岩をよじのぼれるの手は鋼鐵(はがね)なり、

ときすべて液体空気の触覚に、

山山は茜(あかね)さし、

遠樹(とおき)に光る、

わが偏狂の銀の魚、

したたるいたみ、

谷間を走りひたばしる、

わが哀傷の岩清水、

そのうすやみのつめたさに、

やぶるるごとく歯をぬらす、

やぶるるごとく歯をぬらす。

 

« 脳髄のモーターのなかに | トップページ | 座蒲団 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事