無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 海 へ | トップページ | 脳髄のモーターのなかに »

2015/07/01

やってくる男

ー高祖保ー

あと一日の九月が 一瞬に

濁った珈琲(コーヒー)いろの雨の中に沈んだ

雨水の灌奠(かんてん)

沁(し)みる

 

軽尻(からしり)の性根(しょうこん)を雨に洗ってゆこう

溝水のひびきは現象の悲鳴

きょう わが卓子(テーブル)のうえに

きのうの「歌」と「非情」と「凡心」の窒死…

暗闇から

初秋の傘の匂いがジンと沁みる

 

重い感覚は 昨日の室(へや)に

あの鍵の音と倶(とも)におさらばとしよう

未来にかかわりのない 生理は

一切合財(いっさいがっさい) この傘の

あたらしい背を闇に飛ぶ このしぶきであれ

まさに 現象の秤(はかり)のうえで

貪婪(どんらん)に

「今日」と「昨日」とが撓(しわ)っている!

 

あたらしい傘

あたらしい雨

その一日の「夜」に約束される明日(あす)

 

九月の冷冷しい雨にぬれて

夕ぐれになれば

シュルレアリストZ・Iがやってくる

 

« 海 へ | トップページ | 脳髄のモーターのなかに »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事