ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 雨ニモマケズ | トップページ | 松の針 »

永訣の朝

ー宮沢賢治ー

きょうのうちに

とおくへいってしまうわたくしのいもうとよ

みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ

   (*あめゆじゅとてちてけんじゃ)

うすあかくいっそう陰惨(いんざん)な雲から

みぞれはびちょびちょふってくる

   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)

青い蓴菜(じゅんさい)のもようのついた

これらふたつのかけた陶椀(とうわん)に

おまえがたべるあめゆきをとろうとして

わたくしはまがったてっぽうだまのように

このくらいみぞれのなかに飛びだした

   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)

蒼鉛(そうえん)いろの暗い雲から

みぞれはびちょびちょ沈んでくる

ああとし子

死ぬといういまごろになって

わたくしをいっしょうあかるくするために

こんなさっぱりした雪のひとわんを

おまえはわたくしにたのんだのだ

ありがとうわたくしのけなげないもうとよ

わたくしもまっすぐにすすんでいくから

   (あめゆじゅとてちてけんじゃ)

はげしいはげしい熱やあえぎのあいだから

おまえはわたくしにたのんだのだ

 銀河や太陽 気圏などとよばれたせかいの

そらからおちた雪のさいごのひとわんを……

……ふたきれのみかげせきざいに

みぞれはさびしくたまっている

わたくしはそのうえにあぶなくたち

雪と水とのまっしろな二相系(にそうけい)をたもち

すきとおるつめたい雫にみちた

このつややかな松のえだから

わたくしのやさしいいもうとの

さいごのたべものをもらっていこう

わたしたちがいっしょにそだってきたあいだ

みなれたちゃわんのこの藍のもようにも

もうきょうおまえはわかれてしまうQ

(*Ora Orade Shitori egumo)

ほんとうにきょうおまえはわかれてしまう

あああのとざされた病室の

くらいびょうぶやかやのなかに

やさしくあおじろく燃えている

わたくしのけなげないもうとよ

この雪はどこをえらぼうにも

あんまりどこもまっしろなのだ

あんなおそろしいみだれたそらから

このうつくしい雪がきたのだ

   (*うまれでくるたて

    こんどはこたにわりやのごとばかりで

    くるしまなあよにうまれてくる)

おまえがたべるこのふたわんのゆきに

わたくしはいまこころからいのる

どうかこれが天上のアイスクリームになって

おまえとみんなとに聖(きよ)い資糧をもたらすように

わたくしのすべてのさいわいをかけてねがう

 

 

(注)

*あめゆじゅとてちてけんじゃ

 :あめゆきをとってきてください

 

*Ora Orade Shitori egumo

 :あたしはあたしでひとりいきます

 

*うまれでくるたて

    こんどはこたにわりやのごとばかりで

    くるしまなあよにうまれてくる

 :またひとにうまれてくるときは

    こんなにじぶんのことばかりで

    くるしまないようにうまれてきます

 

 

« 雨ニモマケズ | トップページ | 松の針 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー