無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 松の針 | トップページ | はじめてのものに »

2015/06/03

無声慟哭

ー宮沢賢治ー

こんなにみんなにみまもられながら

おまえはまだここでくるしまなければならないか

ああ巨(おお)きな信のちからからことさらにはなれ

また純粋やちいさな徳性のかずをうしない

わたくしが青ぐらい修羅をあるいているとき

おまへはじぶんにさだめられたみちを

ひとりさびしく往こうとするか

信仰を一つにするたったひとりのみちづれのわたくしが

あかるくつめたい精進(しょうじん)のみちからかなしくつかれていて

毒草や蛍光菌のくらい野原をただようとき

おまえはひとりどこへ行こうとするのだ

  (*おら おかないふうしてらべ)

何といふあきらめたやうな悲痛なわらいようをしながら

またわたくしのどんなちいさな表情も

けっして見遁(みのが)さないようにしながら

おまえはけなげに母に訊(き)くのだ

  (うんにゃ ずいぶん立派だじゃい

   きょうはほんとに立派だじゃい)

ほんとうにそうだ

髪だっていっそうくろいし

まるでこどもの苹果の頬だ

どうかきれいな頬をして

あたらしく天にうまれてくれ

  《*それでもからだくさえがべ?》

  《うんにや いつかう》

ほんとうにそんなことはない

かえってここはなつののはらの

ちいさな白い花の匂でいっぱいだから

ただわたくしはそれをいま言えないのだ

   (わたくしは修羅をあるいているのだから)

わたくしのかなしそうな眼をしているのは

わたくしのふたつのこころをみつめているためだ

ああそんなに

かなしく眼をそらしてはいけない

 

 

(注)

*おら おかないふうしてらべ

 :あたしこわいふうをしてるでしょう

 

*それでもからだくさえがべ?

:*それでもわるいにおいでしょう

 

« 松の針 | トップページ | はじめてのものに »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事