無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 森のうえの坊さん | トップページ | 光 »

2015/06/21

六月の雨

ー大手拓次ー

六月はこもるあめ、くさいろのあめ、

なめくじいろのあめ、

ひかりをおおいかくして窓のなかに息をはくねずみいろのあめ、

しろい顔をぬらして みちにたたずむひとのあり、

たぎりたつ思いをふさぐぬかのあめ、みみずのあめ、たれぬののあめ、

たえまないをやみのあめのいと、

もののくされであり、やまいであり、うまれである この霖雨(ながあめ)のあし、

わたしはからだの眼という眼をふさいでひきこもり、

うぶ毛の月のほとりにふらふらとまよいでる。

 

« 森のうえの坊さん | トップページ | 光 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事