ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 無声慟哭 | トップページ | 鳳仙花 »

はじめてのものに

ー立原道造ー

ささやかな地異は そのかたみに

灰を降らした この村に ひとしきり

灰はかなしい追憶のように 音たてて

樹木の梢に 家々の屋根に 降りしきった

 

その夜 月は明(あか)かったが 私はひとと

窓に凭(もた)れて語りあった(その窓からは山の姿が見えた)

部屋の隅々に 峡谷のように 光と

よくひびく笑い声が溢れていた

 

――人の心を知ることは……人の心とは……

私は そのひとが蛾を追う手つきを あれは蛾を

把えようとするのだろうか 何かいぶかしかった

 

いかな日にみねに灰の煙の立ち初(そ)めたか

火の山の物語と……また幾夜さかは 果して夢に

その夜習ったエリーザべトの物語を織った

 

« 無声慟哭 | トップページ | 鳳仙花 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー