無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 無声慟哭 | トップページ | 鳳仙花 »

2015/06/04

はじめてのものに

ー立原道造ー

ささやかな地異は そのかたみに

灰を降らした この村に ひとしきり

灰はかなしい追憶のように 音たてて

樹木の梢に 家々の屋根に 降りしきった

 

その夜 月は明(あか)かったが 私はひとと

窓に凭(もた)れて語りあった(その窓からは山の姿が見えた)

部屋の隅々に 峡谷のように 光と

よくひびく笑い声が溢れていた

 

――人の心を知ることは……人の心とは……

私は そのひとが蛾を追う手つきを あれは蛾を

把えようとするのだろうか 何かいぶかしかった

 

いかな日にみねに灰の煙の立ち初(そ)めたか

火の山の物語と……また幾夜さかは 果して夢に

その夜習ったエリーザべトの物語を織った

 

« 無声慟哭 | トップページ | 鳳仙花 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事