無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« つんぼの犬 | トップページ | 死の行列 »

2015/06/21

老 人

ー大手拓次ー

わたしのそばへきて腰をかけた、

ほそい杖にたよってそうっと腰をかけた。

老人はわたしの眼をみていた。

たったひとつの光がわたしの背にふるえていた。

奇蹟のおそわれのように

わらいはじめると、

その口がばかにおおきい。

おだやかな日和(ひより)はながれ、

わたしの身がけむりになってしまうかとおもうと、

老人は白いひげをはやした蟹(かに)のようにみえた。

 

« つんぼの犬 | トップページ | 死の行列 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事