カテゴリー

« 足をみがく男 | トップページ | 六月の雨 »

2015/06/21

森のうえの坊さん

ー大手拓次ー

坊さんがきたな、

くさいろのちいさなかごをさげて。

鳥のようにとんできた。

ほんとに、まるで鴉(からす)のような坊さんだ、

なんかの前じらせをもってくるような、ぞっとする坊さんだ。

わらっているよ。

あのうすいくちびるのさきが、

わたしの心臓へささるような気がする。

坊さんはとんでいった。

おんなのはだかをならべたような

ばかにしろくみえる森のうえに、

ひらひらと紙のように坊さんはとんでいった。

 

« 足をみがく男 | トップページ | 六月の雨 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事