無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« おもちゃの汽車 | トップページ | 東京駅 »

2015/06/30

カーテン

ー宮本百合子ー

若き夫と妻。

明るい六月の電燈の下で

チラチラと鋏を輝かせ

針を運び

繊細なレースをいじる。――

 

「どう?……これでよろしいの?

長くはなくって?」

妻は薄紫のきものの膝から

雪のようなきれをつまみあげた。

「いいだろう。寸法を計ったのだもの」

夫は 二足で 傍らの小窓に近づいた

 

六月 窓外の樹々は繁り

かすかな虫の声もする 夜。

 

朝 彼等の小窓に

泡立つレースのカーテンが

御殿のように風に戦いで 膨らんだ。

 

« おもちゃの汽車 | トップページ | 東京駅 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事