カテゴリー

« おもちゃ店 | トップページ | 闇(やみ) »

2015/06/25

海と太陽

ー小川未明ー

海は昼眠(ね)る、夜も眠(ね)る、

ごうごう、いびきをかいて眠(ね)る。

 

昔、昔、おお昔

海がはじめて、口開(くちあ)けて、

笑ったときに、太陽は、

目をまわして驚いた。

 

かわいい花や、人たちを、

海がのんでしまおうと、

 

やさしく光る太陽は、

魔術で、海を眠(ねむ)らした。

 

海は昼眠る、夜も眠る。

ごうごう、いびきをかいて眠る。

 

« おもちゃ店 | トップページ | 闇(やみ) »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事