カテゴリー

« 闇(やみ) | トップページ | 海 »

2015/06/25

私は姉さん思い出す

ー小川未明ー

花によう似た姿をば、

なんの花かと問われると

すぐには返答(へんと)に困るけど。

 

ただ微笑(ほほえ)みてものいわず、

うす青白(あおしろ)き夢の世に、

いまは幻と浮かぶかな。

 

花にいろいろあるけれど、

燃える紅い花でない。

冷たい白い花でない。

 

夏はまだ浅く、色淡(いろあわ)く、

紫陽花(あじさい)の咲くころに、

私は姉(ねえ)さん思い出す。

 

« 闇(やみ) | トップページ | 海 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事