カテゴリー

« あめやさん | トップページ | コイヌ »

2015/06/28

ねずみ

ー山之口貘ー

生死の生をほっぽり出して

ねずみが一匹浮彫(うきぼり)みたいに

往来のまんなかにもりあがっていた

まもなくねずみはひらたくなった

いろんな

車輪が

すべって来ては

あいろんみたいにねずみをのした

ねずみはだんだんひらくたくなった

ひらたくなるにしたがって

ねずみは

ねずみ一匹の

ねずみでもなければ一匹でもなくなって

その死の影すら消え果てた

ある日 往来に出てみると

ひらたい物が一枚

陽にたたかれて反(そ)っていた

 

« あめやさん | トップページ | コイヌ »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事