無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 赤い鳥 | トップページ | 海と太陽 »

2015/06/25

おもちゃ店

ー小川未明ー

長二(ちょうじ)は貧乏の家に生まれて

おもちゃも持たずに

死んでしまった。

美しいガラス張りの店頭(みせさき)に、

西洋のぜいたくな小間物(こまもの)や、

赤、紫に、塗ったゴムまりや

ぴかぴかと顔の映(うつ)る銀笛(ぎんてき)や、らっぱや、

なんでも子供の好きそうなものが

並べてあるのを見ると、

店のガラス戸を砕(くだ)いて

それらのものをめちゃめちゃにたたき壊してやりたくなる。

隣に住んでいた、

あの貧しかった、哀(あわ)れな長二のことを思い出したときに。

 

« 赤い鳥 | トップページ | 海と太陽 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事