カテゴリー

« 赤いマリ | トップページ | おもちゃ店 »

2015/06/25

赤い鳥

ー小川未明ー

鳥屋(とりや)の前に立たったらば

赤い鳥がないていた。

私は姉(ねえ)さんを思い出す。

 

電車や汽車の通ってる

町に住んでる姉さんが

ほんとに恋しい、なつかしい。

もう夕方か、日がかげる。

村の方からガタ馬車が

らっぱを吹いて駆けてくる。

 

鳥屋の前に立ったらば

赤い鳥がないていた。

都(みやこ)の方をながめると、

黒い煙が上がってる。

 

« 赤いマリ | トップページ | おもちゃ店 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事