無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 新らしき都の基礎 | トップページ | 自然に、充分自然に »

2015/06/24

八月の石にすがりて

ー伊東静雄ー

八月の石にすがりて

さち多き蝶ぞ、いま、息たゆる。

わが運命(さだめ)を知りしのち、

たれかよくこの烈しき

夏の陽光のなかに生きん。

 

運命(さだめ)? さなり、

ああわれら自(みずか)ら孤寂(こせき)なる発光体なり!

白き外部世界なり。

 

見よや、太陽はかしこに

わずかにおのれがためにこそ

深く、美しき木蔭をつくれ。

われも亦(また)、

 

雪原(せつげん)に倒れふし、飢えにかげりて

青みし狼の目を、

しばし夢みん。

 

« 新らしき都の基礎 | トップページ | 自然に、充分自然に »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事