ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 八ノ字山 | トップページ | ココアのひと匙(さじ) »

夏の街の恐怖

ー石川啄木ー

焼けつくような夏の日の下に

おびえてぎらつく軌条(レール)の心。

母親の居睡(いねむ)りの膝(ひざ)から辷(す)り下りて、

肥(ふと)った三歳(みっつ)ばかりの男の児が

ちょこちょこと電車線路へ歩いて行く。

 

八百屋の店には萎(な)えた野菜。

病院の窓の窓掛(まどかけ)は垂(た)れて動かず。

閉(とざ)された幼稚園の鉄の門の下には

耳の長い白犬が寝そべり、

すベて、限りもない明るさの中に

どこともなく、芥子(けし)の花が死落(しにお)ち、

生木(なまき)の棺(ひつぎ)に裂罅(ひび)の入る夏の空気のなやましさ。

 

病身の氷屋の女房が岡持を持ち、

骨折れた蝙蝠傘(こうもりがさ)をさしかけて門を出れば、

横町の下宿から出て進み来る、

 

夏の恐怖に物言わぬ脚気(かっけ)患者の葬(ほうむ)りの列。

それを見て辻の巡査は出かかった欠呻(あくび)噛かみしめ、

白犬は思うさまのびをして、

塵溜(ごみため)の蔭に行く。

 

« 八ノ字山 | トップページ | ココアのひと匙(さじ) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー