無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« バッタ | トップページ | 八ノ字山 »

2015/06/24

芝の芽

ー土田耕平ー

芝の芽の萌えるころは

ふるさとの丘を思いだす

ゆるやかにふわふわと雲の浮かんだ

あの丘山を

犬ころが走り

凧があがり

ぼくらは寝そべっていたっけが

「どこへ行こうかな」

「大きくなったら」

「海へ――空へ――遠いところへ――」

誰やかれやみんな叫びあった――

芝の芽の萌えるころは

ふるさとの丘を思いだす

ゆるやかにふわふわと雲の浮んだ

あの丘山を

ああ誰もかれも

みんな大きくなっただろうな

 

« バッタ | トップページ | 八ノ字山 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事