カテゴリー

« 死の行列 | トップページ | 森のうえの坊さん »

2015/06/21

足をみがく男

ー大手拓次ー

わたしは足をみがく男である。

誰のともしれない、しろいやわらかな足をみがいている。

そのなめらかな甲の手ざわりは、

牡丹の花のようにふっくりとしている。

わたしのみがく桃色のうつくしい足のゆびは、

息のあるようにうごいて、

わたしのふるえる手は涙をながしている。

もう二度とかえらないわたしの思いは、

ひばりのごとく、自由に自由にうたっている。

わたしの生の祈りのともしびとなってもえる見知らぬ足、

さわやかな風のなかに、いつまでもそのままにうごいておれ。

 

« 死の行列 | トップページ | 森のうえの坊さん »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事